CADデザインマスターの認定試験の近道

CADデザインマスターの認定試験の近道

CADデザインマスターとはCADの代表的なソフトであるAUTOCAD、JWCAD-winなどを扱い、様々な場面で活躍するための資格です。つまりこの資格を取得することでCADを扱った仕事の場面が広がります

認定試験は意外にも受験しやすい

CADデザインマスターの資格を取得するには認定試験を受験して合格しなければなりません。認定試験は2月、4月、6月、8月、10月、12月と2ヶ月に1回のペースで行われます。よって仕事やプライベートなどによる都合・予定に合わせやすいです。また1回分の試験料は税込で1万円となっています。支払い方法は、受験票や問題が自宅に届いた際に代引きとして支払うようになっています。受験票や練習問題はインターネットでの受験申し込み後に届くようになっています。また受験会場はありませんので、自宅受験となります。よって認定試験はとても受けやすいものになっています

独学による試験勉強はとても難しい

認定試験で合格するには、7割以上の点数を取ることが必要とされています。ちなみにテスト内容はCADの操作を確かめるだけではありません。設計の知識も確かめられます。ですから、試験対策においてはCADの操作以外にも、設計に関する知識も身につける必要があります。試験対策としての勉強方法は通信教育の方が有利です。一方、独学という勉強方法による試験合格は皆無ではありませんが困難です。なぜならCADや設計に関する予備知識を身につけておく必要が独学をする場合にはあるからです。そもそもCADや設計に関する基礎知識を独学で身につけることは不可能に近いです。よって初心者の場合は通信教育を受講することが必須となります。したがって勉強方法は独学よりも通信教育の方が有利です。

通信教育は試験合格および資格取得の近道になる

試験対策における勉強方法は独学よりも通信教育の方が有利だということがわかりました。実際、諒設計アーキテクトスクールによる通信教育はCADデザインマスターの資格を取るための最短ルートにもなっています。諒設計アーキテクトスクールが実施している初心者レベルから学べる建築技術者コースを卒業した場合、CADデザインマスターの資格と建築CADインストラクターの2つの資格を持つことが公認・授与されます。なぜなら、このコースでは初心者レベルの受講生を実務レベルまで引き上げることを目標としているからです。よってコースの中で確実に知識を定着させ、卒業した時には必ず資格がもらえるのでメリットでしかありません。

まとめ

CADデザインマスターを取得するには認定試験で合格しなければなりません。その合格の最短ルートは通信教育です。とくに諒設計アーキテクトスクールが導入している建築技術者コースは知識を確実に受講者に定着させるとともに、卒業と同時に必ずCADデザインマスターの資格を授与するので資格取得の近道になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル