就職に役立てることができるCADの資格

就職に役立てることができるCADの資格

CADのテクニックを身につけていれば、再就職するときなどに有利な条件で仕事を見つけることができるようになります。自宅で時間に余裕があるときに学びたいという人に便利なのが、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座です。

実践で役に立つテクニックの取得

諒設計アーキテクトラーニングのCAD通信教育を受講すると、すぐに実践で役立てることができるテクニックを身につけることができるというメリットがあります。実務レベルまで講座で学ぶことができ、設計事務所で実際に使われている図面がテキストに利用されています。現場で働いている一級建築士の指導を受けることができて、建築技術者コースを終了すると2種類の資格を取得することができます。その資格とはCADデザインマスターと建築CADインストラクターで、資格があれば履歴書にも書くことができるためたいへん役に立ちます。

初心者向けと就職に生かせるコース

このCAD通信教育では3種類のコースが用意されているため、目的に合ったものを選ぶことができます。実践建築CAD初心者コースでは基本的な操作を身につけることができ、基本的な操作の練習をしてみたいという人には最適なコースです。2種類のソフトに合った講座があり、受講料金は52500円と42000円となっています。また実際にオペレーターとして働きたいという人におすすめしたいのが実践建築CADオペレーターコースです。就職に結びつけることができて、料金は105000円と84000円で受講することができます。

建築技術者コースと外注協力者登録

記事のイメージ画像

この通信教育の3つめの講座は実践建築CAD建築技術者コースで、技術者として働きたい人にはぜひ受講してほしい講座です。レベルの高いテクニックを身につけることができ、在宅で仕事ができる可能性もあります。受講期間は9ヶ月で、受講料は157500円と126000円となり、学ぶソフトによって料金が異なります。この実践建築CAD建築技術者コースを終了すると同時に2種類の資格を手に入れることができ、外注協力者として登録することができるようになります。在宅での業務で、副業として仕事するのに最適だと言えます。

まとめ

CADに関連した仕事に就きたいという人にぜひおすすめしたいのが、諒設計アーキテクトラーニングの3種類のコースです。初心者向けや実務レベルのテクニックが身につけられるものなど目的に合ったものを選ぶことができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル