CADが活かせる仕事として建設業や土木関係

CADが活かせる仕事として建設業や土木関係

建設業や土木関係では、設計士が基本的な設計図を作成します。それを現場でもわかるように作成し直すのがCADになります。建設業や土木関係では必要な技術ですし、メーカーなどでも設計をするときには必要になってきます。

建設関係において設計図を製図する

記事のイメージ画像

建物を建設するとき、建築士が製図を作成します。ただ、建築士は細かいところまでを製図するわけではないので、この情報だけでは建物を建てることができません。実際に現場で使うことができる資料にしなければいけません。その時にCAD技術を用いて分かりやすく作成します。活かせる仕事としては、建設関係で設計図を製図することが挙げられます。建設を請け負う会社においては、日々たくさんの建築士からの製図が来ます。技術があれば、建設会社で仕事が可能になります。大手から中小企業までありますし、対応する建物も様々です。大きなビルを建てる仕事にも関われますし、小規模な住宅の仕事もできます。

建物以外の設置に携われる土木で使える

日本は海に囲まれていて、川なども多くあります。これらで必要になるのが、トンネルであったり橋です。平らな平原であればそこに道を作るだけですが、山などがあればトンネルなどを掘る必要があります。その時に無計画に掘るわけにはいきません。CADが活かせる仕事として、土木関係における設計になります。土木と建設との区別がつきにくい場合がありますが、建物は建設になり、それ以外は土木に該当します。橋やトンネルの設置の仕事に携わることができます。橋などは地図に残る仕事になるのでやりがいがあります。その分重要性も高くなるので、建設とは異なる知識が必要になります。

機械の設計や電気の配線などの仕事

日本は、物作りの国とされています。車や機械における世界のトップメーカーがあります。これらの物を作る時には必ず設計図が必要になります。建物など同様に、基本の設計は技術を持った人が行いますが、それだけでは細かい常が得られません。CADが活かせる仕事として、機械や電気関係の仕事があります。機械の場合は、部品ごとの設計などをより詳しく起こすときに必要になります。電気においては、配線の業務があります。機械などの配線もあれば、建物内などの配線をするときに必要になることもあります。コンピュータなどではより細かい配線が必要になるため、技術が必要になります。建物などとは別に取得する必要があります。

まとめ

CADはコンピュータを用いて、現場で使える設計図を作成するときに使います。主に、建設や土木、機械設計等で必要になります。それぞれの現場で求められる技術が異なるので、一つの技術ですべての職場で使えるわけではありません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル