CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について

CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について

CADには様々な種類のソフトがあります。なぜならそれぞれのCADで応機能が異なり、使用場面が変わってくるからです。例えば2D、3Dの両方に対応するものもあれば、どちらか一方にしか対応できないものもあります。このようにあらゆる機能面の異なりで使用場面が変わってきます。

2D・3Dに対応し、使用場面が多いソフト

CADはそれぞれの種類のソフトによって対応機能が異なり、使用場面も変化することがわかりました。よってCADを代表する3つのソフトを対応機能と一緒に紹介します。まず1つ目に挙げられるのはVectorworksです。このソフトは2次元と3次元の操作ができます。つまり2Dと3Dに対応しているということです。よって2Dと3Dを使用しなければならない設計作業の場面で使用することができます。また他の種類のソフトと比べてVectorworksの場合は、操作方法が良い上に、色をつけることができます。この後紹介する2つのソフトよりは知名度的には劣りますが、機能面においては負けていません。

これからさらに普及していくソフト

2つ目に挙げるのはAUTOCADです。この種類のソフトは次に紹介する種類のソフトと合わせて、今日においてもっとも使われているソフトです。主に2D対応ですが、中には3D対応のものもあります。もっとも使われている理由としては2つあります。まず1つは万能な機能性です。建築、土木などあらゆる設計の場面で活用できます。次に挙げられる理由は今後の普及率における期待があることです。最初に述べたようにこのソフトは次に紹介するソフトと合わせて、今日においてもっとも使われているソフトです。しかしこのソフトにおいては機能の万能性の高さから、採用率が高まっており、今後もっとも普及していくことが予想されています。

今日において、もっとも普及しているソフト

3つ目に挙げるのはJWCAD-winという種類のソフトです。このソフトは前者のAUTOCADと同じく、今日おいてもっとも使われているソフトです。また前者のソフトはこれから採用が高まるソフトですが、こちらのソフトは今日までもっとも採用されてきたソフトです。つまり今日においては前者のソフトよりも普及率が高いので、今すぐCADに関する仕事をするならば、こちらのソフトを使えるようになっておくことが大切です。ちなみにこのソフトは無料でダウンロードすることができます。よって個人で利用する場合においては、とても便利です。またとても馴染みやすいソフトになります。

まとめ

CADのソフトにはそれぞれの種類ごとに機能・使用場面が異なります。よってそれぞれの種類ごとにどんな機能があり、どんな使用場面があるのかを確認し、知っておくことが大切です。その上で自分が携わる仕事に必要な種類のソフトを使用しましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル