CADオペレーターとして働くことを目指す主婦

CADオペレーターとして働くことを目指す主婦

主婦として、長い間家庭を守ってきたが、子供の成長に合わせて、働くことを意識しだしていきます。しかし、ブランクがあることが気になり、どんな仕事に就けばいいのか迷ってしまいます。そこで、新たに資格を取得して、その資格で働き始めてみませんか。

資格が必要な職人性の高い仕事を選ぶ

資格を取得するのにしても、お手軽な資格では、すでに持っている人もいて差別化に繋がりません。そこで、難しそうと躊躇してしまうような、資格を敢えて選択することで差別化を謀ります。CADオペレーターという資格は、その目的に合っている資格といえます。資格を取得するのには、知識を身につけて試験に合格しなくてはいけません。CADソフトのことを、きちんと理解して、使いこなせていなければ、いざ現場に出て仕事をする際に、役に立つことができなくなってしまいます。資格には、その為に必要な知識と技術が備わっていることを、証明しているともいえます。

実際に現場で必要とされるレベルまで

しかし、昨日まで主婦でしかなかったのに、いきなりCADオペレーターに転職することができるわけではありません。まずは、何処で学ぶかが問題になってきます。すぐに、戦力になれるような人材であれば、主婦で未経験者であっても、採用される可能性が高くなります。CAD通信教育では、その部分を強化しており、実務レベルの学習を提供しています。また、コースも3種類用意されており、最終的な目標によって、どのコースにて学習するのかを選んでいきます。様々なパターンが用意されていることは、妥協せずに学習することができるといえます。

外注協力者として登録して働いていく

資格を取得しても、本当にCADオペレーターとして働けるのかという不安も、中々払拭することができません。日本は、まだまだ不景気であり、将来の不安も感じてしまいます。そんな不安を払拭するのが、卒業者にはあります。3種類のコースの中で、実践建築CAD建築技術者コースを卒業した人は、外注協力者として登録することができます。登録することで、仕事の依頼を受けることができ、CADの資格を活用して、仕事をしていくことができます。また、仕事も在宅勤務なので、子育てとの両立もしやすくなっており、働くペースも少しずつ増やしていけます。

まとめ

資格を身につけて、専門的な知識を武器として働き始める人が増えてきました。専門職は、必要とされる椅子が必ず用意されており、尚且資格を持っていないとその椅子に座ることができません。不況を乗り越えて、家族を支えるのには、この方法しかありません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル