CADオペレーターになるには通信講座が良い

CADオペレーターになるには通信講座が良い

CADオペレーターとは、CADを使って図面を描く仕事をする人です。この仕事は、自分でデザインや設計をすることは求められていませんが、デザインや設計スキルがあると更に活躍できるという活躍の可能性が高い仕事です。

なるためには何が必要とされているか

CADオペレーターは、学歴不問で募集されている仕事なので、CADオペレーターになるには特別な学校を出ている必要はありません。しかし、経験や資格があると採用されやすいです。特に本採用となると即戦力になる人が求められるので、学習は大事です。しかし、学習したからといってこの職になるには不足しています。即戦力が求められていると言ったように、必要なのは知識を超えた実戦力です。そして、この実戦力を養うためには独学では不足しています。なぜなら参考書などでは知識しか入ってこず、実際に設計したり実際の仕事に近い経験が出来ないからです。

質の良い通信講座を取ると実戦力が身につく

そこで一つの方法として、通信講座というものがあります。通信講座の中でも、諒設計アーキテクトの講座は実戦力と資格の得られる講座となっていて有用です。講座では、CADオペレーターになるには不可欠な実戦力を様々なアシストで磨いていきます。まずは、講座ごとの添削課題によって先生に見てもらえるのと同じ効果を得られ、よく理解できます。そして、教材を模範的なものではなく実際のものに近い図面を使用することで、講座を修了して資格を得られるだけでは終わらず、その後CADオペレーターとして働けるスキルを得られる仕組みになっています。

講座を修了するだけで資格が得られる

さらにこうした講座では、修了すれば無試験で資格が得られるという特典もあります。これは、通信講座が非常に優秀だと資格の運営者に認められているからです。CADオペレーターの講座では、CADデザインマスターと建築CADインストラクターの二つを獲得でき、これがそのまま技術の証明になります。これらの資格は基準がCADを的確に実務レベルで使いこなせることとされ、実際にこれらの資格を得れば、実務で働くことも講師として働くことも出来ます。またこの講座は基礎を学ぶ用、派遣として働く用、技術者として働く用の目的に合わせた三つの講座があり、初心者も中級者もこれでスキルアップを目指せます。

まとめ

CADオペレーターになるには実戦力と資格があるとなりやすいですが、こうした通信講座を使って学習を行えばどちらも獲得でき、活躍の可能性が高まります。独学で頑張るよりも、お金を掛けて実務レベルのスキルを身につけた方が自分のためになるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル