CADオペレーターには将来性がある

CADオペレーターには将来性がある

CADオペレーターは、将来性があるが門も狭い職業です。それは、仕事がたくさんある上、関連する技術を身につければ活躍の幅が広がる一方で、求められる技術はレベルが高く、知識と技術だけでなく実務で通用する経験も必要だからです。

CADを使う仕事は活躍の幅が広い

CADとは、コンピュータのソフトのことで、これを使って製図をする事がCADオペレーターの仕事です。建築やデザイン、アパレル業界でも設計図などをコンピュータで製図する必要があるので、仕事が尽きることが無さそうであるところが将来性となっています。またデザイナーなどが自分でCADを使って製図することがあるように、CADオペレーターもデザインや設計の技術を身につければデザインから製図までを全て1人で行えるので、有用な人材として高く雇って貰えたり、独立することも可能です。CADオペレーターは、こうした活躍の幅がある将来性を持っています。

門が狭く、仕事をするには経験が必要

その一方で、CADオペレーターとして働くためには要求される水準が高いです。というのも、デザイナーも時間がかかるだけで自分で製図をすることはできるので、水準を満たさない人は人件費がかかるだけ損だと考えられているからです。つまり、将来性のあるCADオペレーターになるにはまずはCADを扱う知識と技術、そして経験を身につけなければならないということです。しかし、普通の勉強では知識と技術は得られても、経験を得ることは難しいです。そこで使われるのが、実際の図面を用いた通信講座です。これを使えば実務でも対応できる経験がつけられます。

活躍するためにまずすべきことは何か

記事のイメージ画像

この門の狭さを考えると、CADオペレーターを目指すとしてやるべき事は、プラスアルファの技術を身につけることではありません。デザインや設計技術は就職後でも間に合いますが、CADオペレーターとして雇ってもらえなければ元も子もありません。そして経験は、本来仕事をこなすことでつけるものなので、それを就職前につける方法は限られます。その一つが、良い通信講座というわけです。通信講座は、資格が取れるレベルと知識と技術、経験を得られるだけでなく、修了で資格が試験なしで貰えるという利点もあり、これが自分のスキルの証明となるので、狭い門をくぐる足がかりともなります。

まとめ

CADを扱えるという人は大勢いて、デザイナーでも使えます。その中でCADを扱うことを専門職とするなら、少なくとも即戦力となれる人材でなければなりません。そのための第一歩は、質の良い通信講座で実務用のスキルをつけることではないでしょうか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル