CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る

CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る

多くの勉強は独学でも可能です。しかし、CADの場合は難しいかもしれません。パソコンを使って技術を身につけるため、適したテキストやソフトが必要です。通信教育なら、手順に従って勉強することがしやすくなります。

適したテキストなどがあまりない

勉強をするのに、学校や通信教育などを利用すると効率的に学べます。しかし、お金がなかったり、通う時間がない場合は独学も視野に入れます。この時重要になるのはテキストなどでしょう。資格などによっては、テキストなどが充実しているものもあります。CADの場合は、市販のテキストがあまりないと言えるかもしれません。そのため、学校や通信教育を利用した方が良いとされています。学校などである程度勉強したり、少しかじっている人などは何となくわかることもあります。しかし、何もない状態からいきなり勉強できるとなるとあまり見つかりません。通信教育なら、初心者でも容易に分かるよう工夫されています。

専用ソフトをどうやって用意するか

今はパソコンを持っていない人は少ないかもしれません。パソコンは、中古などでも手に入るので、数万円程度から買えます。パソコンで何かを学ぼうとするなら、まずパソコンを用意します。CADの勉強を独学で行うとき、パソコンが必要ですが、それ以外に、専用のソフトが必要になります。残念ながら、購入したてのパソコンに専用ソフトは入っていません。表計算ソフトのような誰でも利用するソフトではないので、別途購入する必要があります。学校や通信教育の場合、ソフトが利用できる環境が用意されています。ですから、使いながら学んでいくことができます。使わずして勉強するのは難しいでしょう。

分からないときに誰かが教えてくれる環境

独学で勉強するとき、基本的には誰も助けてくれる人はいません。テキストから学ぶか、インターネット上の情報を利用するしかないでしょう。学校であれば先生に聞くことができます。通信教育ならメールなどで対応してくれる場合があります。CADの場合、分からないことが多い可能性があります。また、本当にそれが正しい状態かどうかがわかりにくいこともあります。間違っているのに正しいとして進めていけば、間違った知識や技術が身につきます。通信講座なら教材に沿って勉強が可能ですし、わからないところがあれば質問ができます。間違ったまま勉強を進めてしまうことはないでしょう。

まとめ

建設などの仕事で必要になるのがCADの操作です。資格の勉強などもありますが、独学でできるかです。未経験者はかなり難しいと言えるでしょう。いいテキスト、勉強のためのソフト、教えてくれる人などが以内と学びにくいです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル