CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ

CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ

職業の種類がたくさんある中で、人気な仕事は将来性があって活躍の可能性の高い仕事です。CADオペレーターもその仕事の一つですが、仕事内容は専門知識が必要です。そうした場合は、通信講座でその知識や技術を得るのが一番です。

どういった仕事をする職業なのか

記事のイメージ画像

まずCADオペレーターの仕事内容は何でしょうか。この職業は、CADというソフトを使って図面を描く仕事です。図面には服のデザインから建物の構図まで幅広いものが存在しますが、CADオペレーターはデザインを図面にすることを行います。ただしこの仕事内容には正確さと、前提としてCADを扱える知識と技術が必要になります。そして、求人の場合は即戦力が求められているので、半端な知識ではダメです。雇ってもらえません。つまりCADオペレーターは、活躍が見込まれるが仕事内容は難しく、更にある程度の知識と技術が必要とされる大変な仕事なわけです。

内容についていくための二つの方法

このCADオペレーターの仕事内容についていくためには、二つの方法があります。一つは、デザインやアパレルの現場で働いてCADを使ったり使っているのを見て、独学していくことです。そして二つ目は、質の良い通信講座を取ることです。どちらにも共通することは、現場で使われる図面を使って学習できることです。即戦力となるためには、模範的な図面での学習では足りず、経験も必要になるため、リアルな仕事内容に近いものを学習するのはとてもためになります。しかし前者の方法は、CADを使う前にデザインなどの専門知識が必要となるので、純粋にCADオペレーターを目指すなら通信講座で学習するのが一番楽な道のりです。

実践的な事を教わることで即戦力となる

CADオペレーターの仕事内容は、デザインの図面起こしなので、その種類は無限です。そしてそれに対応していくことがオペレーターには求められています。それに対して通信講座は、実際の図面を用いた学習と先生の添削が得られ、仕事に必要な知識と技術を正確に得られる上、通信講座を修了した時には資格が得られる程の十分な経験値も身につけられ、実際の仕事内容にも対応できます。CADオペレーターの活躍は、仕事内容を広げていくことにもポイントがあります。オペレーターがデザイン技術を得れば更に活躍出来るという事ですが、なる前から高望みするのではなく、まずはCADを扱うための講座でしっかり学習して、仕事が出来るようになってからそうした技術に手を出しましょう。

まとめ

現在のCADオペレーターの仕事内容は、CADを扱って図面を描くだけでなく、本人がデザインをすることもあります。しかし、最初からどちらも出来るということは求められていないので、どちらかの技術を仕事で通用するレベルまで伸ばすために通信講座や学校で学習しましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル