CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援

CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援

機械や製品を製作したり、建物などの構造物を建築するためには、製図を行って設計図が必要です。以前は手書きで行っていましたが、現在はコンピュータを利用して行うことが主流になっています。これがCADと呼ばれるものです。

CADを利用した設計図の作成支援

CADとは、コンピューターエイディッドデザインの略称です。コンピュータに支援されたデザインが直訳になりますが、解釈するとコンピュータによる設計支援となります。手作業で引いていた設計などの業務を、コンピュータを用いて行うというものです。パソコンが普及していない時代においては、設計図など図面の作図は人の手でやらざるを得ませんでした。手で作図することを、一般的に手描きと呼びますが、もちろん現代でも手描きで図面を作図している人はいます。しかし、現在はパソコンが普及し、その性能もハイスペック化していますので、面倒な作業はすべてパソコンを利用してやる方が楽ですし、正確かつ効率的です。

最近出てきた3次元CADの特徴とメリット

この最近は、3次元CADと呼ばれるものが出てきています。通常の設計図は、図面に書き込みますので、平面図です。すなわち2次元で表現されます。このため、実際のできあがりや完成品をイメージすることが難しい場合があります。3次元CADは3dcad、すなわち3ディメンショナルコンピューターエイディッドデザインの略称です。工業製品や建築物の設計や製図を行うCADの一種で、造形物を立体的に表現、編集して作図を行うことができます。製品を3次元空間上の点や線、面などの組合せで立体的に構成します。このため、直方体や球、円柱など、基本的な立体図形を組み合わせたり、その形に削ったりして立体を形成します。

3Dプリンターと組み合わせた3DCADのメリット

3DCADの活用により、2次元では表現することができなかった部分まで表現することができます。機械や機構や部品の干渉など、容易にイメージし、作りを確認することができます。設計で作ったデータ、製造や解析まで利活用することができます。これに3Dプリンターを組み合わせれば、画面上だけでなく、モックアップを作成して、現物の確認をよりイメージして行うことができます。縮小した実物を手に取ることで判断することができます。3次元化により、ものづくりにおける試作品の製作が容易になってきています。コンピュータで設計したものを、実物として提示できますので、相乗効果が上がります。

まとめ

図面の設計は、かつては手書きで行っていました。しかし、コンピュータの普及と高度化により、コンピュータの支援により製図を行うCADが主流になっています。中には立体的に設計する3DCADが出てきています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル