さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある

さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある

既に知られている製図に使われるCADですが、これにはいろいろと種類もあります。たとえば、建築、電気、土木などで使われるものなどの他、精密機器の設計に使われる機械用があります。この方面ではかなり精密な製図が必要になります。

現状として機械用のCADオペレーターの需要は多い

製図の現場では今やあたりまえにもなっているCADですが、これにもいろいろな種類があります。建築の設計や電気関係、そして土木関係にも使われていますね。中でも機械用ではかなりの精密さを必要とし、そのオペレーターの仕事というのも豊富な知識が必要になります。機械用オペレーターの仕事内容は、たとえば設計士の描いた機械の計画図を、たくさんの部品を計画図から一つ一つ分けて図面を作成するわけです。そして、不都合な部分は修正したりします。こうした一連の作業は、設計士は何かと不足していますから、そこまで手が回らない状況があるのです。だからこそ、機械設計の知識を持つオペレーターは需要が多いと言えるのですね。

よりイメージを想像できるように描く3次元

こうした機械用CADオペレーターの仕事は多岐にわたるわけですが、その作成する図面というものは実にさまざまです。これはよく耳にすることだと思いますが、製図にも2次元の図面や3次元の計画図というものもあり、これらはそれぞれ用途も違います。以前は設計士が手書きで時間をかけて描いていた図面が、2次元CADの登場でより素早く効率的につくれるようになりましたが、3次元CADはよりイメージを想像しやすくするために開発されたものです。平面の設計図を見ただけですべてを想像できる人は少ないですから。ですからこの3次元はデザイン性を重視するような業種ではよく使われています。機械用の設計にも当然必須のアイテムです。

実践で学べるCAD通信講座がおすすめ

さまざまな製図を担当するCADオペレーターという職業はかなり人気ですが、単に手に職をつけたいという考えだけでは厳しいと言わざるを得ません。確かにこの職業は専門職で普通の人が持たない知識が必要になります。CADができれば仕事に困らない、とちょっと前までは言われていたほどなのですね。しかし、時代は変わり、これからその方面で活躍したいと考えるなら、もう一歩先を行くことも必要になります。すなわち、操作するだけではなく、先にも述べてきたような機械用ならその方面の専門知識ですね。このプラスアルファを叶えるには、実践で学べる諒設計アーキテクトラーニングの講座がおすすめです。

まとめ

製図の現場で活躍するCADオペレーターですが、たとえば機械用の製図を行うときには、その方面の深い知識というものが要求されるわけです。だからその専門知識を有すれば、職は引く手数多だと言えます。実践の製図を学ぶためにも諒設計アーキテクトラーニングの講座がおすすめです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを扱う難易度と求められるレベル
CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル