CADを扱う難易度と求められるレベル

CADを扱う難易度と求められるレベル

CADは、コンピュータを使って製図をするソフトのことですが、現在はコンピュータに図面を作ることが重要となっていて、これを使った職業は需要が増えています。しかし、その職業になるための敷居は高いです。それは、このソフトを扱うことの難易度が高いからでしょうか。

使い方さえ覚えれば扱うのは難しくはない

結論から言うと、CADは、ソフトの使い方さえ分かっていればコンピュータの扱いに長けていなくても扱えるので、技術的には簡単です。しかし難しい点としては、CADを使った仕事では単純作業をひたすら続ける必要があるので、精神面では辛いところがあります。また、ずっとコンピュータを見ながらデスクワークを行う仕事となるので、肉体労働ではなくても体に負担がかかります。まとめると、難易度は高くありませんが精神面と肉体面で少し困難があります。しかし、その程度では職業に就く敷居が高いとは言えません。敷居が高い理由は別にあります。

誰でも使える上でそれを専門職とする

CADは建築や設計、デザインなどをコンピュータで図面化しますが、これはそうした職業の人なら誰でも扱えるソフトです。つまり、人を雇うのは人件費がかかってしまうので、少なくともデザインをする人よりは早い仕事が求められます。すると、雇われるのは即戦力となる、知識と技術だけでなくある程度の経験があり、かつ仕事が速い人です。経験というものは、本来仕事をしていくうちにだんだん蓄積されるものなので、この現実は矛盾しているように見えますが、雇う側も儲けるためなので仕方がありません。これが、敷居が高いと言われる理由です。

勉強で知識と技術だけでなく経験も付けるには

雇用側の求めている実戦力や即戦力というものは、要するに実際の図面を見てそれをCADで早く製図出来るかということです。これに対して、通常の勉強方法では例題や模擬的な、リアルな図面とはかけ離れた理解する用の図面でしか勉強出来ません。これでは実際の図面を見た時に手間取ってしまいます。そこで何を使うかと言うと、実際の図面を用いた通信講座で学習します。通信講座なら、教える側がしっかりと作り込んだ内容で理解できるようになっている上、リアルな図面を用いた学習で実務でも困惑しないような、仕事用のスキルを身につけることが出来ます。

まとめ

CADを使った仕事の敷居が高いのは、扱う難易度が高いからではなく、求められているレベルが高いからです。しかし、その水準に達しないのは勉強のやり方に問題があります。良い通信講座などで、リアルな図面で勉強すれば、知識と技術と共に経験も積むことができ、実務にも対応できるようになります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

CADを独学で勉強するのが難しい理由を知る
CADの試験の勉強方法は適した教材を利用
CADの種類とそれぞれの機能・使用場面について
CADが活かせる仕事として建設業や土木関係
いろんな業界で大活躍できるCADオペレーターの仕事はこれからもおすすめのスキル
就職に役立てることができるCADの資格
CADデザインマスターの認定試験の近道
あらゆる建築物に必要な図面はCADで作るのがあたりまえの時代になっている
CADのスキルを習得して年収をあげましょう
CADのソフトの金額はどの程度か
さまざまな場所で使われているCADの中でもかなり特殊なものに機械用がある
CADソフトには土木用もあります
CADの2次元及び3次元のそれぞれのタイプと副業及び在宅ワークに関する事柄
CADの副業で最大限の収益を得るためにしなければならないこと
世の中便利になると同時に製図の現場でも2次元CADの登場で図面はCADが主流に
CAD及び3次元CADを用いた設計、製図支援
CADオペレーターの仕事内容は通信講座で学ぶ
未経験者でもCADオペレーターになれる教育プログラム
CADオペレーターには将来性がある
CADオペレーターになるには通信講座が良い
CADオペレーターの給与はどの程度か
あらゆる設計のプロフェッショナルとしてCADオペレーターでキャリアアップを目指す
CADオペレーターは建築士の補助業務です
CADオペレーターに適性があるのはどういう方か
CADオペレーターはフリーランスという形で働けます
初心者でも働くことができるCADオペレーター
CADオペレーターとして働くことを目指す主婦
CADオペレーターが持つべき3つの必要なスキル